PTSクルーズデスク

コスタ・フォーチュナ
コスタ・フォーチュナ
イタリア最大の客船登場
コスタ・フォーチュナはイタリア・クルーズ史上最大の大型客船として2003年11月に就航いたしました。
従来の記録をすべて塗り替えて各界の注目と賞賛を浴びてのデビューです。多彩な趣向をこらした共用スペース、娯楽施設でお客様は有意義な休暇を過ごすことができるでしょう。
11ヵ所のバー、三つのレストラン、二つのデッキにあるビュッフェ、1300uのヘルス・スパは疲労回復に最適です。そのほかに開閉式ドームを含めた三つのプール、ディスコ、大型劇場、各種ギャラリーなど…大きく広く、そしてエレガントさを極めた客船です。過去に大西洋横断航路を航海したイタリア客船の業績に深い尊敬の念を抱き、建造されたコスタ・フォーチュナは生粋のイタリア生まれの客船です。
また、船内の各施設にはかつての名船の名前と年代が記されており、26のレプリカが展示されています。
 
船内設備
コスタ・アトリウム(メインロビー)、ラファエロ1965レストラン、ミケランジェロ1965レストラン、レオナルド・ダ・ヴィンチ1960ラウンジ、コロンブス・サンデッキ、コンテ・グランデ1927クラブ、コンテ・ロッソ1921ピアノバー&コンテ・ベルデ1923ダンスホール、クリストファー・コロンブス1954ビュッフェ、ブルカニア1927ディスコ、ネプチューニア1932カジノ、コンテ・デ・サボイア1932グランドバー、オセアニア1932&バルセロナ・サンデッキ、クラシコ・ローマ1926バー、アウグストゥス1952ラウンジ、ガレリア・ショッピング通り、レックス1932劇場、サトゥルニア1927スパ、スクォーククラブ(キッズルーム)

キャビン
内側キャビン
内側キャビン
(約15u)
外側バルコニー付
外側バルコニー付
(約17u)
スイート
スイート
(約28u)
プライベートバルコニー(大)
ソファー付角部屋有
 
アウグストゥス1952ラウンジ
アウグストゥス1952ラウンジ
船内イメージ
船内イメージ
レックス1932劇場
レックス1932劇場
ブルカニア1927ディスコ
ブルカニア1927ディスコ
船内イメージ
船内イメージ

ご注意&乗船ガイド

●乗船

クルーズ出航日の約2週間前にクルーズバウチャー(乗船券引換証)と一緒に乗船案内をお送りします。
乗船手続きは、通常、出航3時間前から開始し、乗客の皆さまには出航1時間前までに乗船を終えいただきます。出発港に到着されたら、予めクルーズ書類と一緒にお渡しした荷札を全てのお荷物に取付けるようお願いいたします。お荷物はポーターがお預りし、船室にお届けする手配をいたします。

●クルーズ料金に含まれるもの
クルーズ中の宿泊と全食事。船内の食事(通常、乗船日の夕食から)には、モーニングコーヒー/ティー、朝食(コンチネンタル・ブレックファーストのルームサービス、ダイニングルームでのフルブレックファーストまたはビュッフェルームでのモーニング・ビュッフェのいずれか)、ランチ、アフターヌーン・ティー、ディナー及びお夜食が含まれます。船内での最後のお食事は、下船日の朝食となります。

●お子様向けサービス
コスタクルーズでは、カリブ海クルーズのシーズン中と地中海クルーズのハイシーズン中、船内で3つの年齢グループ別エンターテイメント・プログラムをご用意いたします。プログラムの内容は、クルーズに参加されるお子様の人数によって異なります。
ビンボ・クラブ:3才から6才。ジュニアズ・クラブ:7才から12才。ティーンズ・クラブ:13才から17才。コスタ・ロマンチカ号及びコスタ・ビクトリア号でのカリブ海クルーズに限って、おしめのいらない3才未満のお子様を対象とした託児サービスを行なっています(有料、要予約)。ベビーフードは、保護者がご用意くださるようお願いいたします。

●お食事の予約と時間帯
ご予約の際に所定の申込書に、食事の時間帯(シッティング)のご希望とダイニングルームの喫煙席/禁煙席の別を記入して下さい。ただし、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。
お食事に関する予約確認は、乗船時に行ないます。
食事制限のあるお客様は、当方でご希望のお食事を用意できるか確認する必要がありますので、予約時にその旨をお申し出ください。
コスタクルーズの各船では、イタリア料理を中心とした国際色豊かなメニューをご用意いたします。
航海中は、ランチとディナーは2つの時間帯(シッティング)に分かれています。
メイン・シッティング ランチ12:00 ディナー19:00
レート・シッティング ランチ13:30 ディナー21:00
ランチ・サービスに関しては、自由に時間を選んでいただける場合もあります。
食事の時間帯は、クルーズ・コースによって変わることがあります。
船内では1日3食に加えて、随時軽食をご用意いたします。
コンチネンタル・ブレックファーストのルームサービスをご希望の場合は、船室に備え付けの用紙にご記入の上、ドアの外側にかけて下さい。

●電気製品と電源
各船の船室には220ボルト電源が備え付けられているほか、コスタ・アレグラ号、コスタ・アトランチカ号、コスタ・ロマンチカ号及びコスタ・ビクトリア号には、110ボルト電源も用意されています。船室内での電気製品のご使用にあたっては(旅行用のアダプター付き電気かみそりは別として)、予めルーム・スチュワードにご確認ください。ヘアドライヤーは、コスタ・リビュラ号を除く各船に備え付けられいます。コスタ・リビェラ号では、お手持ちのドライヤーをご利用いただけますが、予めルーム・スチュワードにご確認ください。船室内でのアイロンの使用は固く禁じられています。コスタ・リビエラ号に関しては、インフォメーション・デスクでヘアドライヤーを若干数ご用意しています。

●ヘルス&ビューティ
各船では、ヘアサロンをご利用いただけます。コスタ・アレグラ号、コスタ・アトランチカ号、コスタ・クラシカ号、コスタ・マリーナ号、コスタ・ロマンチカ号及びコスタ・ビクトリア号の各船では、スパ施設もご利用いただけます。乗客の皆さまの便宜を考え、全てサービス料込みのご請求となります。

●ランドリーサービス
クリーニングやプレスのご用命は、専門のスタッフがリーズナブルな料金でお伺いいたします。船室内でのアイロンの使用は固く禁じられています。

●図書室
ご乗船の皆さまへは、船内図書室またはインフォメーション・デスクで、図書の無料貸出しを行なっています。

●医療サービス
コスタクルーズの各船には、医師と看護婦が同乗しています。治療費及び薬代は、船内で医療スタッフに直接お支払いください。

●船内クレジットカード・システム
コスタクルーズの各船では、あらゆるお買い物に関して、「ノー・キャッシュ」システムが導入されています。精算は、クルーズ最終日の朝に行ないます。精算時のお支払いには、クレジットカード(AMEX,VISA,MASTER)、トラベラーズチェックまたは現金のいずれもご利用いただけます。船内では、小切手とユーロチェックはご利用いただけません。ドリンク類及びヘアサロンに関するサービス料の加算は、ヨーロッパクルーズの場合は10%、カリブ海及び大西洋横断クルーズの場合は15%となっています(ただし、南アメリカクルーズは10%)。

●写真撮影
各クルーズには、プロの写真家が同行しますも撮影料は各船によって異なります。

●ポストカード/郵便サービス
インフォメーション・デスクでは、ポストカードを若干数ご用意しています。郵便物は、寄港地で上陸の際にご自身で投函されるようお願いいたします。船内スタッフにお預けになった場合、配達の保証は致しかねます。

●船内でのお買い物
乗客の皆さまには、品揃え豊富なアイテムを免税価格でお買い上げいただけます。ただし、EU圏内のみのクルーズはこの限りではありません。魅力的なショッピングギャラリーでは、グッチ、フェレを始めとし、イタリアの有名デザイナーの製品を取り揃えています。ギフトショップやブティックでは、アパレル、ギフトやお土産などを豊富にご用意いたします。お持ち帰り用のワインとスピリッツは、クルーズ最終日のみの販売となります。

●礼拝
同行のローマカトリックの神父が、礼拝を執り行います。

●セーフティ・ボックス
コスタ・アレグラ号、コスタ・アトランチカ号、コスタ・クラシカ号、コスタ・ロマンチカ号及びコスタ・ビクトリア号の各船室及びコスタ・マリーナ号の海側キャビンには、金庫が備え付けられています。また、インフォメーション・デスクでもセーフティ・ボックスをご用意しています。コスタクルーズは、セーフティ・ボックスにお預けにならなかった貴重品に対しては、責任を負いかねます。

●ショア・エクスカーション(オプショナルツアー)

ほとんどの寄港地でオプショナルツアーをご用意しています。オプショナルツアーの最低催行人貞は10名から15名となっています。これを下回る参加者数の場合は、国籍の異なった方々が入り交じったグループを作ることになり、その場合、英語のガイドが同行できないことがあります。コスタ・クラシカ号でのカリブ海クルーズの場合、特にこうした可能性が考えられます。オプショナルツアーのご予約は、乗船後の受け付けとなります。ツアー代金のお支払いには、船内クレジットカード・システムをご利用ください。


●喫煙について
各船には喫煙コーナーが設けられています。葉巻やパイプは、屋外デッキに限ってお楽しみいただけます。

●ご希望事項
食事制限のある方は、必要なお食事がご用意できるか確認する必要がありますので、予約時にその旨をお知らせください。また、飛行機の座席のご希望も、予約時にお知らせください。いずれの場合も、ご希望に添えないことがありますのでご了承ください。

●チップ
チップは義務ではありませんが、これに関するお問い合わせがよくあります。お一人様1日当りの目安とし、カリブ海クルーズの場合は、ルーム・スチュワードとダイニング・ウエイターには各々3ドル、バスボーイには1.5ドル、アシスタント・ウエイターには1ドルをお考えください。地中海クルーズと北欧クルーズの場合は、1週間当り45,000リラとなります。

●服装
カジュアルでくつろげる服装をご用意ください。船内でも上陸時でも、日中はカジュアルな服装や水着姿で問題ありません。寄港中に関しては、快適な服装とウオーキングシューズが欠かせません。夕方以降は、男性にはジャケットとネクタイの着用をお勧めします。ガラ・パーティの場合は、もう少しフォーマルな服装が求められます。ご婦人はカクテルドレス、殿方はラウンジスーツを着用ください。ディナージャケットの必要はありません。地中海クルーズのお客様がこの種の盛装を着用されることはあまりありません。毎日の適切な服装は、船内の「今日のプログラム」でお知らせします。カリブ海クルーズでは、「カリビアン・ナイト」や「ローマン・ナイト」など、テーマ別のナイトプログラムがありますので、適切な盛装をご用意いただければ幸いです。
北欧クルーズの場合は、夕方以降はセーターなど温かな衣類、軽いブランケットコートやアノラックのご使用をお勧めします。
注意:夕食時のダイニングルームでは、ショート・パンツ及びTシャツはご遠慮ください。
 


前ページに戻る