アタック25 チャンピオンツアー

「MSCファンタジア」体験記

MSCファンタジアで行く地中海

2010年5月末日
齋藤 はる奈 様

& SHIP_NAME &

イメージ1

2009年10月に長寿クイズ番組「アタック25」に出演し、運よく「ペアで行く地中海クルーズ」に招待されました。
そして2010年5月末、アタック25チャンピオンツアーが決行され、夫と二人で参加したのでした。

出発当日は、成田空港に9組のアタック25チャンピオンが集合しました。テレビで観たことがある顔だなあ、と思いながらもお互いの紹介がままならないまま飛行機はローマ経由ナポリに飛びました。

ナポリに2泊したのち、いよいよMSCファンタジアに乗船です。
そのころには、ほかのチャンピオンの方たちと馴染んできました。

イメージ2

ディナーはドレスコードがあり、食事だけでなく雰囲気も楽しめました。
フォーマルナイトでは、仕立ててもらったものの一度も着たことのないチャイナドレスやカクテルドレスを着ました。
日の目を見られてドレスも喜んでいると思います。
毎晩席を替わったので、皆さんの地中海クルーズ獲得までのドラマを日替わりで聞けて楽しかったです。その子どもたちがクイズをしていて、親のDNAを受け継いでいるなあと感心しました。

 オプショナルツアーもよいが、たまには限られた時間できままに舞いプランを実施出来るのも旅の楽しみである。

ディナー後はシアターに流れ、ショーを楽しみました。中でも船長主催のフォーマルナイトのショーは最高!超人的なシルクドソレイユのパフォーマンスだったのです。まさか船上で観られるとは、大感激でした。

寄港地はパレルモ、チュニス、パルマ、バルセロナ、マルセイユで、どの街も天気がよく、地中海性気候を体感しました。
特にマルセイユに入港するときの朝日が美しかったです。

日中の船上では、プールサイドでマンガを読んだり、ストレッチに参加したり、スパでマッサージしてもらったりで、究極のリラックスタイムを過ごしました。プールは温水かと思いきや、冷たい海水でびっくりしました。

最終日はジェノバに到着し、夢のような船上生活とお別れしました。
上陸し、MSCファンタジアを振り返ると、少しセンチメンタルな気分になりました。

また船旅したいです。

≪お客様&添乗員ブログに戻る

有料WEB会員様専用ログインページ

2015年5月31日をもちまして
新規会員登録を終了いたしました

おすすめコンテンツ

  • 説明会
  • 電子パンフレット
    • お申込みから出発まで
    • 一日体験
    • 体験談
    • 乗下船地・寄港地情報
    • Q&A/クルーズ用語
    • Q&A/クルーズ用語
おすすめコンテンツ